Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援事業所職員が車上荒らし被害 - 個人情報持ち去られる

東広島地区医師会の居宅介護支援事業所において、職員が車上荒らしに遭い、利用者の個人情報が記載された書類が被害に遭った。

4月3日夕方、介護支援専門員が車上荒らしに遭ったもので、個人情報が記載された書類を鞄ごと持ち去られた。

被害に遭ったのは、緊急時対応リストで、介護事業所利用者162人の氏名や性別、年齢、かかりつけの医療機関名や担当医名、避難先のほか、緊急連絡先電話番号などが記載されていた。また利用者33人分の個人情報含む利用票も紛失したという。

(Security NEXT - 2015/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院