Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、WAF「SiteGuard」の取扱を開始

キヤノンITソリューションズは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)である「SiteGuard」について取り扱いを開始した。

同製品は、ジェイピー・セキュアが開発する国産のWAF製品。定義ファイルを用いてウェブアプリケーションの脆弱性に対する攻撃を防御することが可能で、シグネチャは自動更新できる。

1ライセンスあたりの価格は、ホスト型の「SiteGuard Lite」が27万2160円。ゲートウェイ型の「SiteGuard」が192万2400円。別途更新が必要。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始