Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、WAF「SiteGuard」の取扱を開始

キヤノンITソリューションズは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)である「SiteGuard」について取り扱いを開始した。

同製品は、ジェイピー・セキュアが開発する国産のWAF製品。定義ファイルを用いてウェブアプリケーションの脆弱性に対する攻撃を防御することが可能で、シグネチャは自動更新できる。

1ライセンスあたりの価格は、ホスト型の「SiteGuard Lite」が27万2160円。ゲートウェイ型の「SiteGuard」が192万2400円。別途更新が必要。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理