Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京税関とACCSが海賊商品の水際対策でキャンペーン

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と東京税関は、3月26日に「ニセモノ上陸阻止キャンペーン」を実施した。

著作権を侵害する物品に対する水際対策や、税関の普及啓発を目的として開催したもの。

羽田空港国際線ターミナルの出国ロビーで資料の配布や、正規品と海賊商品の比較展示などを実施。出国待ちの日本人など来場した約1000人に、海外旅行で知的財産を侵害する商品を購入しないよう呼びかけた。

今後も引き続き両者は、共同で著作権侵害など、知的財産侵害の防止活動を推進していくという。

(Security NEXT - 2015/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首