Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー

サカエは、シュレッダー「Shred Gear」の新製品「極美シリーズ」3モデルを4月16日より販売開始する。

20150408_sa_001.jpg
記者発表会に登壇した松本氏

同シリーズは、より狭い裁断面積を実現したシュレッダー。最上位モデルとなる「kiwami F6」では裁断後の寸法は0.7ミリ×3.5ミリで、ドイツのDIN 66399におけるレベル7に相当するという。また1ミリ×5ミリで同じくレベル7相当の「kiwami F10」、1ミリ×9.6ミリでレベル6と同等の「kiwami F20」のあわせて3機種を提供する。

投入口に安全スイッチを装備しているほか、扉を閉める際の騒音を抑えたソフトクローズ機構を採用。オフィスにあわせて選べるよう、カラーバリエーションとして4色を用意した。

マイナンバー法における個人番号の削除では、書類の廃棄に関して焼却や溶解が「復元不可能な手段」の例として挙げられているが、ガイドラインのQ&Aに「復元不可能な程度に細断可能なシュレッダー」とあるとして、同社では新製品の拡販に結びつけたい考えだ。

(Security NEXT - 2015/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
アイリスオーヤマ、幅2ミリのシュレッダー - 家庭やオフィス向けに
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
ソースネクスト、データ暗号化ソフト「データプロテクト」を発表
【税理士×Security NEXT】マイナンバーを扱う現場の課題とセキュリティ対策 第2回厄介なのは「従業員家族」のマイナンバー
知的障害者判定交付台帳を紛失 - 石川障害者職業センター
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
生活保護受給世帯のリストを嘱託職員が紛失 - 大阪市
「カード申込書兼暗証番号届」など923件を誤廃棄 - JAバンク新潟県信連