Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、新ファンド設立 - セキュリティはじめイノベーション分野に投資

富士通は、ビジネスイノベーション分野のコーポレートベンチャーファンドを設立した。

今回のファンド設立は、同社のイノベーション分野におけるビジネス強化に向けた戦略の一環。同社では、コーポレートベンチャーファンドを2006年に設立し、国内外の数十社と協業してきたが、あらたに新ファンドを50億円で設立し、国内外のベンチャー企業と協業を加速させる。

ファンドの運用期間は10年。おもな投資領域は、クラウド、モバイル、ビッグデータといったビジネスイノベーション分野と、交通、医療、生活産業、食・農業、エネルギー、教育、環境などのソーシャルイノベーション分野としている。

また同社では、社内ベンチャー制度についても充実を図るとしており、今回設立したファンドからも出資を行う予定。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始