Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、新ファンド設立 - セキュリティはじめイノベーション分野に投資

富士通は、ビジネスイノベーション分野のコーポレートベンチャーファンドを設立した。

今回のファンド設立は、同社のイノベーション分野におけるビジネス強化に向けた戦略の一環。同社では、コーポレートベンチャーファンドを2006年に設立し、国内外の数十社と協業してきたが、あらたに新ファンドを50億円で設立し、国内外のベンチャー企業と協業を加速させる。

ファンドの運用期間は10年。おもな投資領域は、クラウド、モバイル、ビッグデータといったビジネスイノベーション分野と、交通、医療、生活産業、食・農業、エネルギー、教育、環境などのソーシャルイノベーション分野としている。

また同社では、社内ベンチャー制度についても充実を図るとしており、今回設立したファンドからも出資を行う予定。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験