Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月に「セキュリティ・ミニキャンプ」が新潟で初開催

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ実施協議会は、「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」を5月に共同で開催する。

セキュリティ・キャンプは、若年層におけるセキュリティ人材の育成を目的とした合宿形式の勉強会。夏季休暇期間中に全国大会が実施されるが、全国大会への参加を目指す地方の学生向けに、セキュリティ・ミニキャンプとして各地域で実施している。

新潟県で初開催となる今回は、5月16日と17日に学生向けの合宿講座を実施。専門家を講師に迎え、ウェブに関連したセキュリティ上の問題について理解を深めるための講習やセッションなどを展開する。また16日の一般講座については、学生以外も参加できる。

会場は長岡技術科学大学とアクアーレ長岡。参加費用は無料。事前申込が必要で、締切は一般講座が5月8日17時、合宿講座は4月28日17時。定員は一般講座が60人で先着順。合宿講座は20人で、選考により決定する。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化