Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、ウェアラブルデバイスのセキュリティを検討するTFを発足

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、技術部会デバイスワーキンググループに「ウエアラブルデバイスセキュリティ検討タスクフォース」を設置した。

同組織は、ビジネス分野におけるウェアラブルデバイスの普及を目指し、セキュリティ課題の検討を進めるもので、ウェアラブルデバイスのビジネスに関連するメーカーや、システムインテグレーターなど、広く参画を呼びかけている。同TFに参加するためには、JSSECへの入会が必要。

具体的には、法人などにおいてウェアラブルデバイス利用時におけるリスクへの懸念も出ていることから、ビジネス用途への普及に向け、セキュリティ技術の研究や運用ガイドラインなどの策定に向けて検討を進める。

また個人利用に関しても、今後増加も予想されることから、セキュリティポリシーに関する啓発と情報発信を進めて行きたいとしている。

(Security NEXT - 2015/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に