Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Altoと米VMware、FWとMDMの連携ソリューション

米Palo Alto Networksと米VMwareは、戦略的パートナーシップを拡大する。サンドボックスとMDMを組み合わせたソリューションを展開する予定。

今回のパートナーシップ拡大は、企業のモバイル活用におけるセキュリティ対策の需要を視野に入れたもので、BYODを活用する企業向けに、脅威対策とMDM機能を統合した独自のソリューションの提供を目指す。

具体的には、Palo Altoのファイアウォールやサンドボックス機能である「WildFire」と、VMwareの企業向けMDMサービス「AirWatch」を統合。モバイルデバイスにおけるマルウェア検出やセキュリティポリシー適用、ネットワーク保護などのセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2015/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響