Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Altoと米VMware、FWとMDMの連携ソリューション

米Palo Alto Networksと米VMwareは、戦略的パートナーシップを拡大する。サンドボックスとMDMを組み合わせたソリューションを展開する予定。

今回のパートナーシップ拡大は、企業のモバイル活用におけるセキュリティ対策の需要を視野に入れたもので、BYODを活用する企業向けに、脅威対策とMDM機能を統合した独自のソリューションの提供を目指す。

具体的には、Palo Altoのファイアウォールやサンドボックス機能である「WildFire」と、VMwareの企業向けMDMサービス「AirWatch」を統合。モバイルデバイスにおけるマルウェア検出やセキュリティポリシー適用、ネットワーク保護などのセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2015/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス