Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了間近「Java SE 7」、依然4割が利用

4月末で公式サポートの終了が予定されている「Java SE 7」だが、依然として約4割が利用している状況だ。サポート終了後に深刻な脆弱性が発見されれば、格好の標的とされる可能性もある。

情報処理推進機構(IPA)のまとめでは、2014年の1年間に見つかっただけでも「Java SE 7」が影響を受ける脆弱性は111件にのぼる。

まもなくサポートが終了する「Java SE 7」は、4月中に公開される「Java 7 update 80」が最後のアップデートとなる見通しだ。おそらくそれ以降も脆弱性が見つかることになるが、サポート終了後は修正されないで放置されることになる。

ウェブ経由の攻撃が増加しており、こうした脆弱性が標的となる。2014年上半期にシスコシステムズが検知したウェブ経由の侵入痕跡において、「Javaエクスプロイト」は約9割を占めており、「Adobe Flash Player」など他脆弱性攻撃に比べ、特にJavaに対する攻撃が突出していた。

攻撃を受けやすい環境へ、さらにサポート終了が重なることになる。「Java SE 6」のサポート終了後に、同バージョンの脆弱性攻撃が発生していたとトレンドマイクロは指摘しており、「Java SE 7」に関しても同様の状況が発生する可能性があると警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2015/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
セキュリティアップデート「Firefox 62.0.3」がリリース - 深刻な脆弱性2件を修正
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性