Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を職員が泥酔して紛失、2日後回収 - 大阪府

大阪府富田林土木事務所の職員が、関係者の個人情報が記載された資料を酒に酔って紛失していたことがわかった。2日後に拾得者から連絡があり、回収した。

大阪府の発表によれば、3月27日深夜、職員が帰宅途中に飲食店で飲酒。帰宅せず付近の路上で眠り、翌28日早朝に携帯していた鞄の紛失に気付いたという。

紛失したのは、大雨などの警報が出た際に、洪水や土砂災害などに備える体制を整えるための連絡先が記載された「平成26年度水防非常勤務要領(抜粋版)」。府職員176人分の氏名や携帯電話番号14件のほか、関係市町村職員53人分の氏名、契約業者の従業員19人分の氏名と携帯電話番号などが含まれる。

30日に投棄されていた資料が発見され、拾得者からの連絡を受け回収した。対象となる関係者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市