Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を職員が泥酔して紛失、2日後回収 - 大阪府

大阪府富田林土木事務所の職員が、関係者の個人情報が記載された資料を酒に酔って紛失していたことがわかった。2日後に拾得者から連絡があり、回収した。

大阪府の発表によれば、3月27日深夜、職員が帰宅途中に飲食店で飲酒。帰宅せず付近の路上で眠り、翌28日早朝に携帯していた鞄の紛失に気付いたという。

紛失したのは、大雨などの警報が出た際に、洪水や土砂災害などに備える体制を整えるための連絡先が記載された「平成26年度水防非常勤務要領(抜粋版)」。府職員176人分の氏名や携帯電話番号14件のほか、関係市町村職員53人分の氏名、契約業者の従業員19人分の氏名と携帯電話番号などが含まれる。

30日に投棄されていた資料が発見され、拾得者からの連絡を受け回収した。対象となる関係者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる