Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ネットエージェントを子会社化

ラックが、2015年3月30日付でネットエージェントの発行済み株式の約8割を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を子会社化することがわかった。

ネットエージェントの代表取締役社長である杉浦隆幸氏や同氏親族などが保有する同社株式の81.4%を取得する契約をラックが締結したもの。ラックでは、ネットエージェントの他株主とも譲渡交渉を進めており、全株を取得する予定だという。

子会社化後も、杉浦氏は引き続きネットエージェントの代表取締役社長として経営に参画する予定。またラックより取締役を迎え入れ、経営体制を強化し、ラックのノウハウを活かした新製品の開発や、既存サービスの効率化などを推進していく。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー
子会社従業員のなりすましメールに注意喚起 - 読売テレビ
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
サイト内にマルウェア、原因を調査 - サイオス
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用