Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公民館講座の講師個人情報をサイトに誤掲載 - 熊本市

熊本市は、公民館で実施する講座案内に、講師の個人情報を含むファイルを誤って添付し、ウェブサイトで公開していたことを明らかにした。

2月6日、同市の公民館担当者が公民館ウェブサイトの内容を入力する際、別の担当者から受け取った「自主講座募集内容一覧」のファイルを添付。同ファイルには、全49講座分の講師43人の氏名や住所、電話番号、生年月日などが含まれていたが、確認していなかったという。

ウェブサイトは同月18日に更新し、個人情報が含まれた状態で公開された。3月14日に別の職員が気付き、同日中に公開を停止。16日に個人情報を削除して再度公開した。同市では対象となる講師に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大