Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、コンシューマー向け製品を市場投入 - 振舞検知や脆弱性保護機能

FFRIは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「FFRIプロアクティブセキュリティ」を4月1日に発売する。

20150327_ff_001.jpg
FFRIプロアクティブセキュリティ

同社では、従来より企業向けにマルウェア対策製品「FFR yarai」を展開しているが、あらたに同製品を個人向けにチューニングし、コンシューマー市場へ投入するもの。

同社が独自に開発した4種類のヒューリスティックエンジンを搭載。定義ファイルに依存せず、マルウェアの構造や振る舞いから検知することが可能。またアプリケーションの脆弱性に対する攻撃を防御するZDPエンジンを搭載している。

4月1日より先行して同社オンラインショップを通じてダウンロード販売を開始し、パッケージ版は6月に発売する予定。価格は1年版が9180円。ダウンロード版に関しては4月30日までキャンペーン価格となる7560円で提供する。

(Security NEXT - 2015/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表
日立シス、制御システムに特化したファジングツールなど
富士通、「FFR yarai」と「SML」の連携ソリューション