Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報通信分野における研究上の不正行為への対応指針」の改定案で意見募集

総務省は、「情報通信分野における研究上の不正行為への対応指針第3版(案)」を公開し、意見を募集している。締め切りは4月7日。

「情報通信分野における研究上の不正行為への対応指針」は、2006年に制定されたもので、翌2007年に改訂されて以来、8年ぶりの改訂となる。

近年、研究活動における不正行為が発覚するケースがあることから、2014年に文部科学省がガイドラインを改定。さらに総合科学技術・イノベーション会議が「研究不正行為への実効性ある対応に向けて」を示したことから、情報通信分野における指針についても見直しを実施するという。

意見は、電子政府の窓口であるe-Gov、メール、ファックス、郵送にて受け付ける。提出期限は、4月7日17時で、郵送の場合は同日必着。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース