Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のMS月例パッチで修正された「Stuxnet」の忘れ形見に悪用コード - 専門家「容易に攻撃可能」

日本マイクロソフトが、3月の月例セキュリティ更新プログラムで修正した「CVE-2015-0096」の攻撃コードが公開されている。更新プログラム公開当初の予想に反し、容易に脆弱性が攻撃できる状態となっており、専門家が警鐘を鳴らしている。

問題とされるのは、ショートカットファイルの処理に問題があり、Windowsにおいて不正なライブラリを読み込まれる脆弱性。悪意あるウェブサイトへアクセスしたり、ディレクトリを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある。

悪意あるショートカットファイルにより、不正なライブラリファイルを読み込む問題は、Stuxnetで5年以上前に表面化した問題だ。2010年8月に公開された月例パッチ「MS10-046」で「CVE-2010-2568」として修正されたが、「.lnk」ファイルの修正に一部対策漏れがあるとして、2015年1月上旬に研究者であるMichael Heerklotz氏がZero Day Initiativeに報告したことから明らかとなった。

修正は協調的に進められ、米国時間3月10日に公開された「MS15-020」によって脆弱性は解消された。修正プログラムが公開された時点では、脆弱性は未公表の状態で、悪用も確認されていなかった。

(Security NEXT - 2015/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を