Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のMS月例パッチで修正された「Stuxnet」の忘れ形見に悪用コード - 専門家「容易に攻撃可能」

日本マイクロソフトが、3月の月例セキュリティ更新プログラムで修正した「CVE-2015-0096」の攻撃コードが公開されている。更新プログラム公開当初の予想に反し、容易に脆弱性が攻撃できる状態となっており、専門家が警鐘を鳴らしている。

問題とされるのは、ショートカットファイルの処理に問題があり、Windowsにおいて不正なライブラリを読み込まれる脆弱性。悪意あるウェブサイトへアクセスしたり、ディレクトリを閲覧すると、任意のコードを実行されるおそれがある。

悪意あるショートカットファイルにより、不正なライブラリファイルを読み込む問題は、Stuxnetで5年以上前に表面化した問題だ。2010年8月に公開された月例パッチ「MS10-046」で「CVE-2010-2568」として修正されたが、「.lnk」ファイルの修正に一部対策漏れがあるとして、2015年1月上旬に研究者であるMichael Heerklotz氏がZero Day Initiativeに報告したことから明らかとなった。

修正は協調的に進められ、米国時間3月10日に公開された「MS15-020」によって脆弱性は解消された。修正プログラムが公開された時点では、脆弱性は未公表の状態で、悪用も確認されていなかった。

(Security NEXT - 2015/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を