Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、中国の中間CAによる不適切な証明書を失効処置

Microsoftは、中国の中間認証局が発行した不正な中間証明書に対し、失効処理を行った。

証明書信頼リスト (CTL) を更新し、「MCS Holdings」が、不適切に発行した証明書に対し、失効処置を実施したもの。「MCS Holdings」は、「China Internet Network Information Center (CNNIC)」をルート証明機関とする中間認証局だという。

失効処置が行われた証明書のフィンガープリントは、「e1 f3 59 1e 76 98 65 c4 e4 47 ac c3 7e af c9 e2 bf e4 c5 76」で不正なデジタル証明書が悪用された場合、中間者攻撃のほか、なりすましやフィッシングなどへ悪用されるおそれがある。

インターネット接続されている端末で、「Windows 8」以降であれば、既定の設定により自動的に更新される。「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」以前の場合、アップデートなどにより自動更新ツールを導入している必要がある。また「Windows Server 2003」に関しては、更新プログラムを準備を進めている。

(Security NEXT - 2015/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託