Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、中国の中間CAによる不適切な証明書を失効処置

Microsoftは、中国の中間認証局が発行した不正な中間証明書に対し、失効処理を行った。

証明書信頼リスト (CTL) を更新し、「MCS Holdings」が、不適切に発行した証明書に対し、失効処置を実施したもの。「MCS Holdings」は、「China Internet Network Information Center (CNNIC)」をルート証明機関とする中間認証局だという。

失効処置が行われた証明書のフィンガープリントは、「e1 f3 59 1e 76 98 65 c4 e4 47 ac c3 7e af c9 e2 bf e4 c5 76」で不正なデジタル証明書が悪用された場合、中間者攻撃のほか、なりすましやフィッシングなどへ悪用されるおそれがある。

インターネット接続されている端末で、「Windows 8」以降であれば、既定の設定により自動的に更新される。「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」以前の場合、アップデートなどにより自動更新ツールを導入している必要がある。また「Windows Server 2003」に関しては、更新プログラムを準備を進めている。

(Security NEXT - 2015/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM