Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで動作重くなる問題に修正プログラムで対応

Microsoftは、3月の月例セキュリティ更新「MS15-020」で提供した一部プログラムにおいて不具合が発生しているとして、修正プログラムを公開した。

「MS15-020」において提供された「3033889」は、Windowsテキストサービスにおいてリモートでコードが実行される脆弱性「CVE-2015-0081」を修正するプログラム。同プログラムを「Windows 8」「同8.1」「Windows Server 2012」「同R2」に適用すると、日本語IME環境下でExplorerの動作が重くなったり、応答しなくなるといった不具合が生じていた。

今回の問題を受け、同社ではサポート情報として「KB3048778」を公開。同ページより修正プログラムをダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ