Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイトへ誘導する広告を多数検知 - BBSS

2月にアドネットワークを通じて詐欺サイトへ誘導する不正な広告が多数配信されていたことがわかった。

BBソフトサービスが、2月に同社サービスで検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。

同社によれば、アドネットワーク経由で配信された詐欺サイトへ誘導する不正な広告を多数検知したことから、1月に検知した40万7000件の89.9%増となる77万3021件を検知したという。

内訳を見ると、「ワンクリック、不当請求詐欺サイト」が前回から3ポイント減となったものの、86.5%を占めた。「フィッシング詐欺サイト」も2.7ポイント増となる11.6%と1割を突破。偽ソフトの配布サイトが1.1%で続く、マルウェア感染サイトは0.03%と0.1%に満たない状態だった。

(Security NEXT - 2015/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス