Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トライベック、オウンドメディア運営者向けに診断サービス

トライベック・ストラテジーは、オウンドメディア運営者向けにセキュリティ診断サービスを提供開始した。

同サービスは、オウンドメディアの運営者をターゲットとしたセキュリティ診断サービス。HASHコンサルティングと共同で開発した。

セキュリティ診断を実施し、「ウェブセキュリティ」の専門的な知識を持たない担当者でも理解しやすいレポートを提供。また「診断結果報告会」や「改善提案」「改善策の実施」などにも対応する。

静的ページを対象とした基本プランのほか、問い合わせフォームや、会員情報管理システムの診断など3種類のメニューを用意した。料金は基本プランが54万円から。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応