Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OWASP九州チャプターが活動を開始 - 第1回ミーティングを開催

「OWASP」のローカルチャプターである「OWASP Kyushu」が活動を開始した。第1回目のチャプターミーティングは、福岡市内で3月21日に開催する予定。

OWASP(Open Web Application Security Project)は、ウェブアプリケーションに関連するセキュリティの課題解決を目指したコミュニティ。国内のローカルチャプターとして、すでに関西チャプターが展開、福島チャプターの準備が進められているが、今回あらたに、九州チャプターが活動を開始することになった。

同イベントでは、OWASP Japanチャプターのリーダーを務める上野宣氏による講演や、九州チャプターリーダーの服部祐一氏、セキュリティさくらを主催する大木学氏のライトニングトークを予定している。詳細はイベントの申し込みページから。

(Security NEXT - 2015/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研
OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ISOG-JとOWASP Japan、ウェブアプリ脆弱性診断でガイドライン
無償で利用できるサイト脆弱性検出ツールを解説 - IPA
脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」の体験学習サービス
NHNテコラス、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを開始