Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米Norseとの提携によりサイバー攻撃情報の収集力を強化

NECと同社子会社のインフォセックは,サイバー攻撃情報サービスを提供する米Norseと提携した。

今回の提携は、プロアクティブなセキュリティ対策に向けて情報収集力の強化を目指したもの。Norseでは、40カ国にある約160のデータセンターから、1日あたり200Tバイトの脅威情報を収集、リアルタイムに分析を行っており、NECでは今回の提携により情報収集能力を強化する。

またインフォセックは,全世界対象とするNorseの一次代理店契約を締結。日本国内のほか、ASEANにNorseのサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも