Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米Norseとの提携によりサイバー攻撃情報の収集力を強化

NECと同社子会社のインフォセックは,サイバー攻撃情報サービスを提供する米Norseと提携した。

今回の提携は、プロアクティブなセキュリティ対策に向けて情報収集力の強化を目指したもの。Norseでは、40カ国にある約160のデータセンターから、1日あたり200Tバイトの脅威情報を収集、リアルタイムに分析を行っており、NECでは今回の提携により情報収集能力を強化する。

またインフォセックは,全世界対象とするNorseの一次代理店契約を締結。日本国内のほか、ASEANにNorseのサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも