Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、アクセス制御可能なSNS型オンラインストレージ提供

日本IBMは、組織内外で安全なファイル共有を実現するSNS型オンラインストレージ「IBM Connections Files Cloud」を提供開始した。

同サービスは、登録した利用者間でコミュニケーションしながら、ファイル共有を実現するもの。タイムライン機能やユーザープロフィール機能など、SNSの機能を備えているのが特徴で、利用者1人あたり1Tバイトのオンラインストレージを提供し、モバイル端末からのアクセスも可能。

契約は企業や組織単位で、利用者は各組織内に登録される。保存ファイルには所有者のみ閲覧可能な「非公開」、同一組織内の利用者のみ閲覧できる「公開」、組織内外の指定した利用者のみ閲覧できる「共有」のいずれかが設定可能。各指定において「読者」か「編集者」の権限で利用できる。

iOSとAndroidに対応で別途費用なく導入可能のモバイルアプリケーション「IBM Connections」を利用することで、モバイル端末からも利用できる。料金は100ユーザーまで利用の場合、1ユーザーあたり月額616円。

(Security NEXT - 2015/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に