Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、アクセス制御可能なSNS型オンラインストレージ提供

日本IBMは、組織内外で安全なファイル共有を実現するSNS型オンラインストレージ「IBM Connections Files Cloud」を提供開始した。

同サービスは、登録した利用者間でコミュニケーションしながら、ファイル共有を実現するもの。タイムライン機能やユーザープロフィール機能など、SNSの機能を備えているのが特徴で、利用者1人あたり1Tバイトのオンラインストレージを提供し、モバイル端末からのアクセスも可能。

契約は企業や組織単位で、利用者は各組織内に登録される。保存ファイルには所有者のみ閲覧可能な「非公開」、同一組織内の利用者のみ閲覧できる「公開」、組織内外の指定した利用者のみ閲覧できる「共有」のいずれかが設定可能。各指定において「読者」か「編集者」の権限で利用できる。

iOSとAndroidに対応で別途費用なく導入可能のモバイルアプリケーション「IBM Connections」を利用することで、モバイル端末からも利用できる。料金は100ユーザーまで利用の場合、1ユーザーあたり月額616円。

(Security NEXT - 2015/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定