Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高レイヤーにも対応するハイブリッド型DDoS対策サービス

日本ラドウェアは、クラウドを活用したハイブリッド型DDoS攻撃対策サービス「DefensePipe」を提供開始した。

20150310_nr_001.jpg
Radware副社長のDavid Aviv氏(画面左)と日本ラドウェア代表取締役社長の河田英典氏(同右)

同サービスは、オンプレミスの「DefensePro」と組み合わせて利用するクラウド型のDDoS対策サービス。両サービスを組み合わせたハイブリッド型サービスをうたっている。

オンプレミス側で回線を飽和させる大規模なDDoSトラフィックを検知した際、同社のスクラビングセンターへ通信経路を切り替えて攻撃トラフィックを除去。正常なトラフィックを同社センターへ送信するのが特徴。

同社のスクラビングセンターは、米国の2カ所をはじめ、世界7カ所に配置しており、データセンターと近いセンターを活用する。日本からもっとも近いセンターは香港となる。

記者説明会に登壇したRadware副社長のDavid Aviv氏は、「DDoS攻撃はもはや産業化し、成熟してきている。企業もDDoS攻撃対策の必要性を理解しはじめている」と市場の動向を説明。

また日本ラドウェア代表取締役社長の河田英典氏は、「回線が飽和してしまえば、オンプレミスの製品があっても意味をなさない。そういった際にDefensePipeでトラフィックをクリーンにできる」と説明し、ハイブリッド型の優位性をアピールした。

料金体系としては、トラフィック総量や、正当なトラフィック量、大規模攻撃発生時のみ軽減するなど、複数のモデルを用意しており、月額型課金サービスとして提供する。

(Security NEXT - 2015/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加