Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高レイヤーにも対応するハイブリッド型DDoS対策サービス

日本ラドウェアは、クラウドを活用したハイブリッド型DDoS攻撃対策サービス「DefensePipe」を提供開始した。

20150310_nr_001.jpg
Radware副社長のDavid Aviv氏(画面左)と日本ラドウェア代表取締役社長の河田英典氏(同右)

同サービスは、オンプレミスの「DefensePro」と組み合わせて利用するクラウド型のDDoS対策サービス。両サービスを組み合わせたハイブリッド型サービスをうたっている。

オンプレミス側で回線を飽和させる大規模なDDoSトラフィックを検知した際、同社のスクラビングセンターへ通信経路を切り替えて攻撃トラフィックを除去。正常なトラフィックを同社センターへ送信するのが特徴。

同社のスクラビングセンターは、米国の2カ所をはじめ、世界7カ所に配置しており、データセンターと近いセンターを活用する。日本からもっとも近いセンターは香港となる。

記者説明会に登壇したRadware副社長のDavid Aviv氏は、「DDoS攻撃はもはや産業化し、成熟してきている。企業もDDoS攻撃対策の必要性を理解しはじめている」と市場の動向を説明。

また日本ラドウェア代表取締役社長の河田英典氏は、「回線が飽和してしまえば、オンプレミスの製品があっても意味をなさない。そういった際にDefensePipeでトラフィックをクリーンにできる」と説明し、ハイブリッド型の優位性をアピールした。

料金体系としては、トラフィック総量や、正当なトラフィック量、大規模攻撃発生時のみ軽減するなど、複数のモデルを用意しており、月額型課金サービスとして提供する。

(Security NEXT - 2015/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生