Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくら情報システム、オンデマンド型バックアップサービス

さくら情報システムは、クラウド型バックアップサービス「オンデマンド ファイル バンク」を4月より提供開始する。

同サービスは、CommVault Systems Japanが提供するデータ統合管理ツール「Simpana」を利用したクラウド型バックアップサービス。

ウェブベースの管理画面よりバックアップやリストアの作業をオンデマンドで行える。またバックアップデータをリモートから参照可能で、拠点間でバックアップデータを共有することも可能。

バックアップは1日1回。7世代までの世代管理に対応。料金は初期費用が10万8000円。容量50Gバイトで月額5400円から。

(Security NEXT - 2015/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ