Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りUSBメモリを委託先が紛失 - 東京ガス

東京ガスは、顧客情報を含むガス漏れ修理結果報告書を保存したUSBメモリ2本を紛失したことを明らかにした。

ガス漏れ修理作業の委託先であるカンドーにおいて修理結果の報告書を保存していたUSBメモリ2個が所在不明となっているもの。

紛失したUSBメモリには、2005年7月から2013年9月までに作成されたガス漏れ修理結果報告書の一部が保存されており、件数は最大で1272件だという。

都内3区および11市の顧客の氏名や住所、顧客番号、ガス修理内容などが記載されており、同社では委託先とともに、対象となる顧客に報告と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2015/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸