Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まもなく「Security Days」が開催 - 全40講演、展示42社を予定

ナノオプト・メディアは、3月5日、6日の2日間にわたり、都内でセキュリティイベント「Security Days」を開催する。

同イベントは、サイバー犯罪の動向や情報セキュリティ関連技術などを紹介するイベント。今回で3回目を迎えた。

日本サイバー犯罪対策センターの坂明氏による「サイバー犯罪への新たな取り組み」や、新潟大学法学部教授の鈴木正朝氏による「個人情報保護法改正法案と今後の課題」といった講演をはじめ、全40講演を予定しており、展示企業も42社を数える。

参加費用は無料で公式サイトにて事前登録を受け付けている。またIDマネージメントサミットが同時開催となっている。

(Security NEXT - 2015/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討