Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信主任技術者向けに講習会を実施 - デ協

日本データ通信協会は、電気通信主任技術者の登録講習機関として総務省に登録されたと発表した。それにともない、講習会などを主要都市で開催する。

2015年4月に施行となる改正電気通信事業法により、電気通信主任技術者に登録講習機関による講習を受講させることを義務付けられるが、同協会では登録を受けたことを受け、講習会などを展開するもの。

具体的には、7月より、東京、名古屋、大阪、福岡の全国4カ所で講習会を実施する予定。受講料は3万8000円で、4月8日より同協会のサイトで受け付ける。

(Security NEXT - 2015/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析