Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信主任技術者向けに講習会を実施 - デ協

日本データ通信協会は、電気通信主任技術者の登録講習機関として総務省に登録されたと発表した。それにともない、講習会などを主要都市で開催する。

2015年4月に施行となる改正電気通信事業法により、電気通信主任技術者に登録講習機関による講習を受講させることを義務付けられるが、同協会では登録を受けたことを受け、講習会などを展開するもの。

具体的には、7月より、東京、名古屋、大阪、福岡の全国4カ所で講習会を実施する予定。受講料は3万8000円で、4月8日より同協会のサイトで受け付ける。

(Security NEXT - 2015/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス