Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter、「なりすまし」や個人情報含むツイートへの対策を強化

Twitterが、不正利用対策の強化を進めている。なりすましや自傷行為、個人情報が記載された不正なツイートについて、利用者が直接報告できるようになったという。

同社ではこれまでも、スパムツイートをツイートから直接運営側に報告し、ブロックできるように変更するとともに、報告に対応するサポートチームを3倍に増員するなど、安全に利用できる環境を提供するための対策を推進している。

今回さらに、なりすましや自傷行為、個人情報を記載したツイートなどの悪質な行為に対する対策を強化。ツイートから直接報告できるように変更した。数週間のうちに、全ユーザーに順次適用されるという。

また今後に関しても、ルールに違反するアカウントを減らすための対策を追加する予定としている。

(Security NEXT - 2015/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
10月のネット炎上は25件増の116件 - 杭打ち工事のデータ改ざん問題など
9月のネット炎上は91件 - 自治体職員の個人情報持ち出しでも
8月のネット炎上はエンブレム問題など71件 - IME情報漏洩問題が再度話題に
7月の炎上、無断撮影した写真投稿やメディア批判など67件
日本語対応ランサムウェア「法律違反、30万円払え」と脅迫
ヤフーのアプリ「話題なう」を騙るTwitterのスパムアカウントに注意、連携アプリ認証は解除を
不正アプリの6割は正規アプリの偽物 - トレンドまとめ
「iPhone」や「iPad」をクラッシュさせるツイートが拡散中
「お名前.com」の一部サーバに不正アクセス - ネット上に実証コードが公開される