Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン

三菱東京UFJ銀行は、個人向けオンラインバンキング「三菱東京UFJダイレクト」の利用者に、ワンタイムパスワードを生成するカード型トークンを3月15日より提供開始する。

同行ではすでに、ワンタイムパスワードを生成するスマートフォン向けアプリを提供してきたが、スマートフォンを利用しない場合も、ワンタイムパスワードを利用できるよう、カードトークンを提供するという。

カードでは、1度限り有効な6桁の数字で構成されたワンタイムパスワードを表示。オンラインバンキングで振込みや各種料金の払込み、住所や連絡先、利用限度額の変更などを行う際に認証することで、第三者による不正送金のリスクを低減する。料金は無料。ただし、再発行時には手数料が必要となる。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府