Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

草の根セキュリティ活動を支援するGrafsec-Jが全国大会を開催

草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会(Grafsec-J)は、2月28日に新潟市で初の全国大会を開催する。

同団体は、地域に根ざしたサイバーセキュリティや情報モラルの普及活動を進めることを目指し、全国に散在する既存団体との連携、課題解決の支援を行う団体。2014年12月1日に設立した。

今回、第1回目となる全国大会を開催するもので、「地域で育むネットの安心安全」をテーマに、全国から啓発団体を招き、意見交換や交流を行う。

参加申し込みは、2月26日まで。大会の模様は、ラックの協力によりインターネットで配信する予定。詳細は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか