Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートンやエンドポイント製品の一部定義ファイルに不具合 - シマンテック

シマンテックは、配信した一部定義ファイルに問題があり、ノートンシリーズや、エンドポイント製品などにおいて不具合が発生したことを明らかにした。同社は利用者に注意を呼びかけている。

同社によれば、配信したIPS用の定義ファイルで一部破損が生じたもの。バージョンナンバーが「20150220.001」の定義ファイルを適用すると32ビット版の「Internet Explorer」で不具合が発生するおそれがあったという。

破損したファイルが、ウイルス定義セットに含まれていたことが原因で、企業向け製品「Symantec Endpoint Protection(SEP) 12.1」のほか、「ノートン セキュリティ」「ノートン インターネットセキュリティ」「ノートン 360」などが影響を受けた。

同社は、問題を修正した「20150221.001」を再作成。すでにリリースしている。

(Security NEXT - 2015/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み
一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー
カスペルスキーの対策製品で定義ファイル更新表示に一時不具合
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
ウイルス対策製品の一部定義ファイルに不具合 - マカフィー
カスペルスキー、一部広告URLを誤検出 - すでに解消済み
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消
ESETの定義ファイルに起動障害の不具合 - 最新版へアップデートを