Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、IoTやウェアラブルのセキュリティを考えるシンポジウム

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「スマートフォン セキュリティ・シンポジウム2015」を2月26日に都内で開催する。

同シンポジウムは、スマートデバイスを安全に利用するために必要なセキュリティ対策の普及、啓発を目的としたもので、政府が展開している「サイバーセキュリティ月間」にあわせて実施する。

今回は、「IoT(Internet of Things)」や「ウェアラブルデバイス」などの活用事例やセキュリティ上の課題をテーマとしており、慶應義塾大学教授の徳田英幸氏による基調講演や、内閣サイバーセキュリティセンターの副センター長、内閣審議官の谷脇康彦氏による特別講演をはじめ、有識者による講演を予定。また閉会後は講演者との交流会も開催する。

一般ユーザーも参加可能だが、事前登録が必要。シンポジウムの参加費用は3000円、交流会は2000円。場所は富士ソフトアキバプラザ。詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売