Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーセキュリティ戦略本部が初会合

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ戦略本部の第1回会合を2月10日に開催した。

同会議は、2014年11月に成立、2015年1月に施行されたサイバーセキュリティ基本法に基づき、内閣官房長官を本部長として設置されたもの。

発足後初となる今回の会合では、同本部の運営に関する規程や、情報セキュリティ政策会議から同本部へ従来の決定や検討事項などが引き継ぐとし、同会議の「サイバーセキュリティ戦略」に基づく2014年度の政策について結果評価を取りまとめるため、「平成26年度サイバーセキュリティ政策の評価等の実施方針」を決定した。

さらに重大インシデントへの対応や、施策の評価が行えるよう、「サイバーセキュリティ戦略本部重大事象施策評価規則」「サイバーセキュリティ戦略本部資料提供等規則」をあわせて決定。

またセキュリティ機関である情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターといった関係機関とのあらたな協力体制の構築を進めており、会合で報告が行われた。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに