Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセ、会員登録不要のプリペイドカード式学習サービス

ベネッセコーポレーションは、会員情報の入力を求めないプリペイドカード式のオンライン学習サービス「BenePa」を、2月17日より提供開始する。

同サービスは、全国のローソンで販売されるプリペイドカードを購入すれば利用できる学習プログラム。カード裏面に記載されたコードをウェブサイトに入力するだけで学習を始めることができるという。

氏名や住所といった利用者の情報を入力せずに利用できるとしており、従来のダイレクトメールを活用したマーケティングとは異なる手法で販売チャネルの開拓を進める。出題に関しては頻出度のほか、誤答率などを利用。進捗に応じた類題演習を用意することで「個別対応」が可能であるとしている。

プリペイドカードは500円と1000円を用意。講座は幼児から高校生を対象としており、価格は1パッケージ500円。今後はラインナップのほか、販売チャネル、販売方法についても拡大させていく方針。

(Security NEXT - 2015/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位
全世界で情報漏洩は10億件超に - ベネッセ事件の深刻度は6番目
ベネッセ装う詐欺電話に注意 - 介護施設費用や会員権取引装う
ベネッセHDら、ISMSの国際規格「ISO 27001」を取得
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
IPA、内部不正防止ガイドラインが改訂 - 必須策と強化策を明確化