Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ有識者や実務家が選ぶ2014年最大の脅威は?

情報処理推進機構(IPA)は、2014年に発生したセキュリティ脅威から、社会的に影響が大きかった問題を「情報セキュリティ10大脅威2015」として取りまとめ、発表した。

同ランキングは、情報セキュリティ分野の研究者や企業の実務担当者などのメンバーで構成される「10大脅威執筆者会」で決定したもの。今回はランキングを先行して公表し、3月に10大脅威の詳細な解説資料を公開する予定。

2014年に発生したセキュリティ事故や事件のうち、社会的にもっとも影響が大きかった事件は、個人だけでなく法人口座からの不正送金被害が急増した「オンラインバンキングやクレジットカード情報の不正利用」とした。

次点は、従業員が内部情報を第三者に販売したことが発覚し、社会問題化した「内部不正による情報漏洩」。3位は手口の巧妙化が進む「標的型攻撃による諜報活動」だった。

同機構が公表した10大脅威の順位は以下のとおり。

1位:オンラインバンキングやクレジットカード情報の不正利用
2位:内部不正による情報漏洩
3位:標的型攻撃による諜報活動
4位:ウェブサービスへの不正ログイン
5位:ウェブサービスからの顧客情報の窃取
6位:ハッカー集団によるサイバーテロ
7位:ウェブサイトの改ざん
8位:インターネット基盤技術の悪用
9位:脆弱性公表にともなう攻撃の発生
10位:悪意のあるスマートフォンアプリ

(Security NEXT - 2015/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増