Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検知した攻撃者のIPアドレスを反映 - 「Capyリアルタイムブラックリスト」

Capyは、同社の不正ログイン対策サービスで検知したパスワードリスト攻撃の発信元をデータベースとして提供開始した。

同社の不正ログイン対策製品を導入しているサイトで検知した攻撃者のIPアドレスをリアルタイムで収集。ブラックリストとしてデータベースを提供するもの。データベースにはAPI経由で利用できる。

同社ではこれまで展開してきた「Capyキャプチャ」「Capyリスクベース認証」にくわえ、同サービスをラインナップに追加し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起