Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、今週再び「Flash Player」を緊急更新予定 - ゼロデイ攻撃発生中

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が発見されたとして、近く緊急アップデートを実施すると発表した。1月末に修正した脆弱性とは異なるもので、ゼロデイ攻撃も確認されている。

同社によれば、今回明らかとなった脆弱性「CVE-2015-0313」は、悪用されるとシステムがクラッシュし、システムの制御を奪われるおそれがある。すでにドライブバイダウンロード攻撃が確認されており、「Windows 8.1」において「Internet Explorer」や「Firefox」を利用している場合、攻撃を受ける可能性がある。

脆弱性が含まれているバージョンは、「Windows」および「Mac OS X」向けに提供されている「同16.0.0.296」「同13.0.0.264」、およびLinux向けに提供されている「同11.2.202.440」。以前のバージョンも含まれる。同社では、2月2日の週に脆弱性を修正した新版をリリースする予定。

同社は、「Adobe Flash Player」に対して1月だけで3回のアップデートを実施している。先週行われた前回のアップデートでは、「CVE-2015-0311」「CVE-2015-0312」を修正。「CVE-2015-0311」に関しては、ドライブバイダウンロード攻撃が確認されている。

(Security NEXT - 2015/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃