Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ月間」がまもなくスタート - 3月18日まで

政府は、サイバーセキュリティの関心を高め、理解を深めるために、「サイバーセキュリティ月間」を展開する。「サイバーセキュリティ・カフェ」や、府省庁対抗による競技形式の訓練なども予定している。

政府は、「情報セキュリティ月間」の名称を今回より「サイバーセキュリティ月間」に変更。2月1日から、「サイバー」の語呂合わせである3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」とし、政府機関をはじめ、関係機関、団体などと協力して普及啓発活動を推進する。

キャッチフレーズは、これまで同様「知る・守る・続ける」。2月2日のキックオフ・シンポジウムを皮切りに、期間中は、全国各地でセキュリティ啓発に関するイベントが開催されるほか、ポスター掲示なども行われる。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」をはじめ、インターネット経由の情報発信を強化。一般や学生向けに「サイバーセキュリティ・カフェ」の開催するほか、府省庁対抗による競技形式の事案対処訓練などを予定している。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 政府が意識向上を呼びかけ
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ