Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ月間」がまもなくスタート - 3月18日まで

政府は、サイバーセキュリティの関心を高め、理解を深めるために、「サイバーセキュリティ月間」を展開する。「サイバーセキュリティ・カフェ」や、府省庁対抗による競技形式の訓練なども予定している。

政府は、「情報セキュリティ月間」の名称を今回より「サイバーセキュリティ月間」に変更。2月1日から、「サイバー」の語呂合わせである3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」とし、政府機関をはじめ、関係機関、団体などと協力して普及啓発活動を推進する。

キャッチフレーズは、これまで同様「知る・守る・続ける」。2月2日のキックオフ・シンポジウムを皮切りに、期間中は、全国各地でセキュリティ啓発に関するイベントが開催されるほか、ポスター掲示なども行われる。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」をはじめ、インターネット経由の情報発信を強化。一般や学生向けに「サイバーセキュリティ・カフェ」の開催するほか、府省庁対抗による競技形式の事案対処訓練などを予定している。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱な「Drupal」サイトをボット化、仮想通貨発掘させる攻撃が発生
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に