Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスと日本オラクル、データベース保護分野で協業

ソフォスと日本オラクルは、データベースサーバの保護分野で協業すると発表した。

サイバー攻撃の脅威が増しており、企業の機密データなども含まれるデータベースをより堅牢に保護することを目的として、両社のソリューションを組み合わせて展開するもの。

ソフォスのUTMアプライアンスとウイルス対策ソフトに、オラクルのデータベース向けセキュリティソフトウェアを組み合わせ、出入口対策、データベースへのアクセス制御など、多段階にわたるセキュリティ対策をデータベースサーバを利用する企業に提案していく。

セミナーや製品デモの実施、トレーニングなどを順次開催していく予定。パートナーとの連携などを通じて、初年度に150案件の導入を目指す。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「Adobe Connect」に認証回避のおそれ
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に