Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスと日本オラクル、データベース保護分野で協業

ソフォスと日本オラクルは、データベースサーバの保護分野で協業すると発表した。

サイバー攻撃の脅威が増しており、企業の機密データなども含まれるデータベースをより堅牢に保護することを目的として、両社のソリューションを組み合わせて展開するもの。

ソフォスのUTMアプライアンスとウイルス対策ソフトに、オラクルのデータベース向けセキュリティソフトウェアを組み合わせ、出入口対策、データベースへのアクセス制御など、多段階にわたるセキュリティ対策をデータベースサーバを利用する企業に提案していく。

セミナーや製品デモの実施、トレーニングなどを順次開催していく予定。パートナーとの連携などを通じて、初年度に150案件の導入を目指す。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導