Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

協和エクシオら、仮想PCを活用した漏洩対策ソリューション

協和エクシオや日本ディクス、アシストは、情報漏洩対策分野で協業し、漏洩対策ソリューション「仮想セキュリティルーム」を提供開始した。

同ソリューションは、アシストが提供するクライアント仮想化ソフトとセキュリティ対策ソフトを組み合わせたデータ保護ソリューション。

クライアント利用時のユーザー認証や利用履歴を取得できるほか、仮想クライアントからデータの持ち出しを制限したり、インターネット接続の制限、操作内容を動画で記録することが可能。

3社は、同製品以外にも、個人情報データベースのアクセス監視や暗号化、物理セキュリティルームの設置など、漏洩対策製品を展開していく予定。

(Security NEXT - 2015/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料