Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河レンタ・リース、データをPCに保存しない「データレスPC」ソリューション

横河レンタ・リースは、データをパソコンに保存せずクラウドで管理することで、情報漏洩リスクを低減するソリューション「Flex Work Place Passage Cloud」を、3月1日より提供開始する。

同ソリューションは、パソコン上で扱うすべてのデータをクラウドに保存して端末に残さない「データレスPC」環境を実現するもの。操作したファイルは自動的にクラウド上のファイル共有サービス「Flex Work Place Concourse」に保存される。

クラウド上のデータは、「Android」を搭載したスマートデバイスや、Appleの「iPhone」「iPad」からも参照できる。価格は、1ユーザーあたりの月額利用料が1Gバイトストレージ使用権付きで980円、5Gバイトで1480円。販売目標として、2015年から2017年の3年間で5万ユーザーの獲得を目指すという。

(Security NEXT - 2015/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も