Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAL、顧客情報流出で最終報告 - 流出件数は4131件

日本航空(JAL)のパソコンがマルウェアに感染し、「JALマイレージバンク(JMB)」の会員情報が流出した問題で、同社は流出件数を4131人分とする最終報告を取りまとめた。

同社では、顧客情報システムへの不正アクセスによる顧客情報流出が2014年9月に判明。10月31日に検証委員会を設置し、調査を進めていた。

これまでの調査報告では、システムの反応が遅くなった9月19日と22日に、あわせて8万3224件の顧客情報が流出した可能性があるとし、実際に外部に送信された件数については通信量から9745件と試算していたが、最終報告では4131人分の流出が確定したとし、9月18日以前に流出は発生していないと結論づけた。

流出したのは氏名や生年月日、性別、メールアドレスのほか、自宅と勤務先の住所および電話番号などで、クレジットカード情報やJMBパスワードの流出については否定した。流出対象となっているかは、JMBのログインページで確認できる。

(Security NEXT - 2015/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
不正送金ウイルスの認知度は4割以下 - ベネッセ事件でも8割弱
JAL、顧客情報4131件の漏洩を確認 - 引き続き調査を実施
マルウェア感染で顧客情報約2.1万件が外部サーバへ - JAL
内部端末がマルウェア感染、顧客情報漏洩の可能性 - 日本航空
ANA、マイレージサービスの数字4桁認証を刷新 - iTunesギフト交換も再開予定
ANAマイレージクラブに不正ログイン - iTunesギフトへ交換される被害
JALマイレージバンクに不正ログイン - マイルをAmazonギフト券に交換される
マイレージ会員の個人情報が外部から閲覧可能に、カード情報も - スカイネットアジア
検索リスクがもっとも高いアカデミー賞ノミネート作品は「アバター」 - 4分の1が不正サイト