Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の印鑑票など紛失 - 伊達信金

伊達信用金庫は、休眠口座の印鑑票1万3724件および元帳442件などの紛失を明らかにした。

同金庫によれば、10年以上取り引きのない休眠口座の印鑑票が一部店舗で所在不明となっていることが判明し、保管状況について全店調査を実施した結果、全店舗で休眠口座の印鑑票および元帳の一部を紛失していることがわかったという。

紛失した印鑑票は1万3724件。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影などが記載されている。元帳には氏名と残高が記載されており、442件の所在がわかっていない。大半は、1987年以前のものだという。

通常解約された口座の印鑑票は解約後10年で廃棄するため、その際に休眠口座の印鑑票も誤って廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせなどもないという。

(Security NEXT - 2015/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
委託先がマイナンバー記載の書類を紛失、誤廃棄か - 大阪市
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 - 山形銀
印影など顧客情報含む伝票綴りを紛失 - 旭川信金
学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
職員が持出データを酒に酔って紛失 - 川口市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌