Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3人に1人はほとんどのサービスでパスワードを使い回し

ウェブサービスなどで利用するパスワードについて、3人に1人が同じあるいはほとんど同じパスワードを設定していることがわかった。

2014年10月27日から12月22日にかけて、エムオーテックスがウェブサービスの利用やパスワード管理に関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。10代から60代までの男女150人から回答を得た。

ウェブメールやSNS、ECサイトなど複数のウェブサービスを利用していると回答した115人に対し、パスワードに関して尋ねたところ、「すべて違うパスワードにしている」と回答したのは14%。「重要なサイトは違うパスワードにしている」は21%だった。「一部違うパスワードにしている」との回答が45%ともっとも多い。

一方で、ほとんど同じパスワードを設定しているとの回答が32%にのぼり、さらに2%ながら、すべて同じパスワードを設定しているとの回答もあったという。

(Security NEXT - 2015/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」