Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセHDとラック、情報システムの運用を担う合弁会社を設立

ベネッセホールディングスとラックは、ベネッセグループの基幹情報システムの保守運用を担う合弁会社「ベネッセインフォシェル」を1月15日付けで設立した。

ベネッセは、2014年7月に発生した委託先元従業員による顧客情報の不正持ち出し事件を受け、ラックに監査を依頼し、データベースの安全確保に向けた対策を展開。同年9月には、子会社や関連会社を含むシステム運用や保守、データ運用を行う合弁会社の設立で同社と合意していた。

新合弁会社では、顧客情報を含む業務上の機密データを適切に活用できる情報システムの保守、運用を実現する。出資比率はベネッセホールディングスが70%、ラックが30%。4月1日よりサービスを開始する予定。

(Security NEXT - 2015/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース