Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TwoFive、DoS攻撃や汚染防ぐDNS保護ソリューション

TwoFiveは、DNSの保護に特化した米Cloudmark製セキュリティ対策ソリューション「Cloudmark Security Platform for DNS」を提供開始した。

同製品は、DNSと連携して動作し、異常なトラフィックからDNSを保護するソフトウェア。DoSやDDoS攻撃、不正なプロトコルなど、動的に攻撃の種類を検知して自動的にトラフィックを制御、DNSリフレクション攻撃やキャッシュポイズニング、サービス拒否を防止する。

また世界165カ国に設置したネットワークで攻撃トラフィックをリアルタイムに観測した情報を元に攻撃を防御することが可能。攻撃を受けた場合に管理者へ通知できる。

サブスクリプションライセンスとして提供し、クエリー回数の年間平均により料金は異なる。1カ月あたり1万QPSのシステムの場合、約3240万円。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処