Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、マルウェア解析ツールの最新版 - 解析対策備えたマルウェアへの対応を強化

FFRIは、マルウェア自動解析ツールの最新版「FFR yarai analyzer Version1.4」の出荷を開始した。

同ツールは、マルウェアの可能性があるファイルを検査フォルダに置くだけで自動で解析し、解析結果をレポートするソフトウェア。標的型攻撃対策製品「FFR yarai」のヒューリスティック技術を採用した検知エンジンを活用している。

最新版では、解析エンジンを強化。「FFR yarai Version2.5」にあらたに搭載した学習エンジンを追加。そのほかのエンジンもアップデートを実施し、感染端末にある固有情報を利用するなど解析対策機能を備えたマルウェアに対する対応を強化した。また外部システムとの連携機能やレポート管理機能を改善している。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供