Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク関連の被害経験、法人利用者の36.5% - 不正出金被害も

ジャパンネット銀行が顧客を対象に実施した意識調査において、オンラインバンキングに関わる被害や危険に遭遇した経験のある利用者が、個人では2012年の19.4%から2014年は42.2%と倍増していることがわかった。法人も36.5%にのぼる。

同行に口座を持つ20代から50代の男女3939人、および法人425社を対象に、2014年11月と12月に実施したもの。個人のみを対象にした2012年調査時の結果と比較して、変化を分析した。

オンラインバンキングに関する被害や危険について、個人預金者の42.2%が遭遇した経験があると回答。2012年の19.4%から倍増した。また法人も36.5%が「経験あり」と回答している。

20150115jn_001.jpg
被害経験の内容(グラフ:ジャパンネット銀行)

被害の内訳を見ると、個人法人ともに最も多いのは「フィッシングメール受信」で、個人では25.5%、法人では40.9%を占める。2012年の調査では、個人において受信経験ありは9.3%と1割に満たなかったが、2年間で急伸した。

個人の預金者で次に多いのは「個人情報や口座情報の流出」で15.8%、「スパイウェアへの感染」が15.4%、「預金の不正出金」が2.1%と続く。いずれも、2012年調査時より2倍以上増加している。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に