Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホのブラウザを人質にする新手ワンクリック詐欺サイトに注意

スマートフォン利用者を狙う新手のワンクリック詐欺が発生している。アダルサイトの動画から誘導され、ポップアップ画面が表示されてブラウザが利用できない状況に陥るという。

シマンテックによれば、同社が確認した手口は、特定のアダルトサイトの動画から詐欺サイトへ誘導。スマートフォン上に不正請求の画面を表示して、ブラウザが利用できない状態へ追い込むという。

具体的には、動画をクリックすると詐欺サイトにリダイレクトされ、登録が完了したことを通知するページを表示。続いて、会員IDや年間9万9800円の利用料金、カスタマーセンターの電話番号など、登録に関する詳細情報をポップアップウィンドウで表示する。

ウィンドウを閉じると、今度は電話をかけるよう促す別のポップアップウィンドウを表示。その後はウィンドウを閉じようとしても、これら画面が交互に表示される状態へと陥り、事実上ブラウザが乗っ取られ、ブラウザを利用できない状態になるという。

問題のサイトへアクセスしてしまった場合の対策としては、ブラウザのキャッシュを消去し、それでも解決しない場合はブラウザアプリを再インストールすれば表示されなくなるという。

こうした詐欺サイトは一部に限られているが、今後広がる可能性もあるとしており、同社は詐欺サイトが表示する連絡先には決して電話しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移