Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに複数の脆弱性 - 異常終了のおそれ

2014年に「Heartbleed問題」で注目を集めた暗号化ライブラリ「OpenSSL」に、複数の脆弱性が含まれていることがあらたに判明した。アップデートが公開されており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

深刻度「中」とされる脆弱性は、DTLS(Datagram Transport Layer Security)プロトコル処理に関するもので、セグメンテーションにおける不具合「CVE-2014-3571」や、メモリリークの脆弱性「CVE-2015-0206」が存在するという。またこのほかに深刻度は「低」とされる6件の脆弱性が含まれる。

影響の範囲は異なるものの、「同1.0.1」「同1.0.0」「同0.9.8」のいずれも、すべてのバージョンが脆弱性の影響を受けるという。不正なDTLSメッセージを受信した場合、異常終了してサービス拒否に陥るおそれがある。

修正版として「同1.0.1k」「同1.0.0p」「同0.9.8zd」があらたに公開されており、セキュリティ機関はアップデートを推奨している。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性